医師の献血バイトで得られることは?

医師献血バイト求人TOP >> FAQ >> 医師の献血バイトで得られることは?

医師の献血バイトで得られることは?

献血の医師のバイトというのは、仕事的には楽だし、救急病院の当直などのアルバイトと比較すると、急変などが起こる可能性はかなり低く、生命の危機と隣り合わせといったプレッシャーを感じることも少ないアルバイト求人とされています。だからこそ、普通にこなすだけのアルバイトであり、医師として得られるものは何もないというような考えをお持ちの方もいらっしゃいますが、献血のバイトでも医師として役立てるスキルを身につけることは出来ます。

まず献血をするといった志願者であり、基本的には健康な方を問診するだけですが、医師としてしっかりと献血をすることが出来る状態であるのかを的確に判断していかなければなりません。体調不良である方はもちろん、過度な空腹時や睡眠不足の状態の志願者には、献血を遠慮して貰う必要があります。病気などで苦しんでいる状況ではないため、プレッシャーなどは感じることはありませんが、それでもドクターとしての知識やスキルを活かし、しっかりと診断が出来る目を持つことが出来るでしょう。

他にも服薬です。持病を持っており、日常的にそれぞれの症状にあった医薬品を服用しているような方である場合にも、献血を遠慮してもらうことがあります。外用薬であったり、坐薬、点眼や点鼻薬といったものであっても、その内容次第によっては、献血を遠慮して貰う必要があり、その判断はすべてドクターが行うことになります。ここでも献血をしても良い状況やダメな状況というものを学ぶことが出来るでしょう。

ドクターとして治療に関しての知識やスキルというものを有していることは確かに評価をされることです。しかしながら、優秀なドクターや信頼されるドクターというものは、患者さんの話をしっかりと聞き、コミュニケーション能力というものが高いものです。献血のバイトでは問診がメインになりますから、この必要なコミュニケーションスキルを身につけることが出来るのです。

肉体的な異変に気が付き、的確な判断を下し、正確な処置を行う。確かに優秀かもしれませんが、人間的ではなく、どこか機械的な感じがして、患者さんの心のケアまでには手が届いていません。心のケアをしてあげるポイントは話を聞き、話をする。話し方も相手と同じ目線に立ち、わかりやすいように説明をする。こういったスキルがドクターには必要です。この医療の根本となる問診の力を養っていくことが出来るのは、医師としては大事なポイントといえるのではないでしょうか。

医師献血バイト求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 医師献血バイト特集 All Rights Reserved.